AGA(薄毛・ハゲ)費用や治療についてのつれづれ日記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「AGA」とは

髪が薄いことにお悩みの方がよく目にするキーワードの1つが「AGA」。この単語は、Androgenetic Alopeciaを略したもので、男性型脱毛症、すなわち男性に見られる脱毛の状態である意味合いです。科学技術の発達により、近年ではAGA治療法もかなり進んでいます。病院や発毛・育毛サロンが力を入れるAGA治療とは一体どのようなものなのでしょうか。

AGAの症状

徐々に額が後退していく → M型薄毛
頭頂部がカッパのように薄くなる → O型薄毛
この2つが同時進行していく → 複合型薄毛

M型薄毛とは
→男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されてできた、ジヒドロテストステロン(DHT)の働きによって、発毛サイクルの乱れを引き起こすことが原因。

O型薄毛とは
→頭皮の血行不良によって髪の毛に栄養が行き渡らなくなることが主な原因。

AGAの原因として、男性ホルモンの作用、頭皮の血行不良を挙げましたが、ストレスや生活習慣の影響も関連深いです。AGA治療では、こうした薄毛の原因を探ることから始まり改善を目指します。
スポンサーサイト

様々な治療方法

AGA治療の具体的な内容

植毛など(外科的治療法)
薬剤を塗る(外用療法)
薬剤を服用する(内服療法)
といった療法があります。

治療法に注意を払いますが、薬剤を使ったAGA治療法は細胞の老化を原因とする老人性脱毛症よりも比較的高い治療効果が期待できるのが特徴です。ストレス解消や生活習慣の見直しと並行して、薬剤によるAGA治療を続けます。生活習慣の見直しを重視して、食事療法取り入れた治療を行う例もあるようです。

一方では、東洋医学によるAGA治療も進んでいます。マッサージと指圧、針、灸の技術を駆使して、脳と中枢神経を活性化させ、身体の自然治癒能力を向上させながら本来の髪の毛を取り戻そうというものです。この東洋医学の考え方を西洋医学であるAGA治療と併用する試みも行われるようになっています。

進化する薬剤治療

AGA治療が活発になってきた背景には、フィナステリドミノキシジルという薬剤の開発があり、多くの注目を集めているのは、この2つの薬剤なのです。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬剤で、投薬の結果、偶然に発毛効果が確認されたものです。ミノキシジルは血圧降下剤として開発された薬剤でした。これからご紹介する、リアップが1999年、プロペシアは2005年の発売と、近年になって知られる薬となりました。

プロペシア(万有製薬:内服薬)

フィナステリドを主成分としており、M型薄毛の治療に関して効果を発揮します。プロペシアはDHTの作用を邪魔する働きを持ち、発毛サイクルを正常に調節します。

リアップ(大正製薬:塗布剤)

ミノキシジルを主成分としており、O型薄毛の治療に関して効果を発揮します。リアップは血行を活発にする働きを持ち、頭皮の血行不良を改善します。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。