AGA(薄毛・ハゲ)費用や治療についてのつれづれ日記!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する薬剤治療

AGA治療が活発になってきた背景には、フィナステリドミノキシジルという薬剤の開発があり、多くの注目を集めているのは、この2つの薬剤なのです。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬剤で、投薬の結果、偶然に発毛効果が確認されたものです。ミノキシジルは血圧降下剤として開発された薬剤でした。これからご紹介する、リアップが1999年、プロペシアは2005年の発売と、近年になって知られる薬となりました。

プロペシア(万有製薬:内服薬)

フィナステリドを主成分としており、M型薄毛の治療に関して効果を発揮します。プロペシアはDHTの作用を邪魔する働きを持ち、発毛サイクルを正常に調節します。

リアップ(大正製薬:塗布剤)

ミノキシジルを主成分としており、O型薄毛の治療に関して効果を発揮します。リアップは血行を活発にする働きを持ち、頭皮の血行不良を改善します。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。